なんやかんや

稀勢の里が引退した。

初日負けた時点で予想はしてたからショックはない。それでもやはり僕の中では一つの青春が終わった。仕方のないこととはいえ悲しさは拭えないよね。

正直に言うと引退会見はフルでは見ていない。見たら絶対泣くし。一片の悔いなしと本人は言ったそうだけど、悔しくない訳ないんだよな。長い間努力しても届かなくて何度もチャンスを逃して挫折しかけてやっとの思いで手に入れた綱の役目を結果的には一場所しか果たせなかったんだからさ。絶対悔しいに決まってるんだ。

それでもあの愚直な稀勢の里のことだから、その悔いから何かを呪うとしたらケガでもなく周囲の雑音やらプレッシャーでもなく己の不甲斐なさとか言うんだろうと僕は思うよ。想像でしかないが。

 

でもまあ、ネットのとか他の力士の反応を見るに、結局みんな稀勢の里のこと好きなんだよな。白鵬とかめっちゃ寂しいと思う。僕自身も思い入れが違う。これから高安を同じテンションで応援できるかと言われたら無理。

その分期待が重すぎたってのもあるんだろうな。前も言ったけど稀勢の里は青キャラだから。横綱としては報われない最後になっちゃったし、まあそこが好きなんだけど。

「強くて立派な横綱」にはなれなかったけど、間違いなく「みんなに愛されるお相撲さん」ではあった。そういう意味では本当に一片の悔いもない相撲人生なのかもしれんね。これからは親方として強い力士を育ててくれることでしょう。稀勢の里お疲れ様。そして本当にありがとう。

 

 

で、

 

 

「で」だよ。

 

 

これからどうすんべね。このブログなんてぶっちゃけ『ブサイクコミュ障な僕が彼女を作るべく奮闘するブログ』という皮を被った只の稀勢の里応援アカウントだったんだけど。

正直な話、前身であるツイッターの童貞チャレンジ含めると約3年ほど、自分で言うのもなんだけど色々やってきたと思うんよ。

ただこれまでやってきた外向的な努力って僕みたいな顔面偏差値測定不能マンがやってもあんま意味ねえなって昨秋くらいに自分の中で結論出ちゃってそれ以来筋トレとスキンケアという内向的なことしかしてないんですよ。

でも世知辛いことに外に向けてアピールしないと誰も僕の存在に気付かないってのもまた真な訳ですわ。詰んでね?

 

なんかもう最近は人の悪意に触れすぎたせいか人を好きになるとかそういう感覚がもうわからなくてな。どうせ世の女性はおれのこと基本嫌いだしなという発想が抜けない。助けてくれ。

とりあえず、目標がないからその辺決めたいなとは思ってます。ただ自分で決められそうにもないから誰か何か提案してくれ。ほんと頼むわ…。

 

今日は好きなものについて前半語り尽くしたので最後に今週の歪み溶岩さんハイライト

・歪み溶岩さん、同期の飲み会に誘われる。

・さらに、同期にスノボに誘われる。

・歪み溶岩さん、職場のスポーツ大会(の練習)に乗じて知り合った女の子の連絡先をGET

 

3つ目みたいなことが中途半端にできるようになってしまった自分が本当に嫌になるよ!

 

次回は、【最強横綱白鵬の孤独】みたいなテーマで長々と書きたい。書かないけどさ。

ではまた