刺さったうえにささくれて

稀勢の里は僕の言う最低ライン10日目勝ち越し最終10勝5敗を見事に達成し結局優勝も引退もしなかった。以後私のことは預言者と呼べ。どうも歪み溶岩です。

 

3連休みなさんどのようにお過ごしでしょうか。こんな僕にも今週は予定がありました。しかもお祝い事。みんなで仲間の幸せを慶び酒を飲み交わし適当な場所に泊まり寄り道しながら家に向かう帰り路がとても辛い

 

毎度のことのエモ散らかし、人の幸せを喜びつつもその度捻くれた心も沸き上がり、最終的には僕もこうなれるのかというところに行き着き、絶望の一歩手前でどうにか留まっている。

結局行動あるのみなんだろうけど、僕のような卑屈マンは常に行動に心理的なブレーキをかけていて本当は自分がどうしたいのかという点を見失いがちである。

そんな折に気付かされるというか、いい意味で刺さる言葉が放たれて引き抜こうにもささくれ立って抜けやしないので、いい加減このヘタレメンタルを改善しなければいけない時期に来たのだと思う。

今は全てを確定させてからでないと行動に移せないので、失敗してでも決断する力をつけたい。

 

なんて大層なこと考えていた帰りの車中、草野マサムネがラジオでネズミの進化を流した。元々この曲好きなんだけど自分にとってタイミングが完璧すぎて死んだ。

皆まで言わん。さざなみCDを聞け。なんならラスト3曲だけでいいから聞け。

現場からは以上。九州場所へ続く。