ロマリアから誤って東に進んでしまった時の感覚

昨日ホテルの写真をアップしたら各方面から「ラブホか?」とのお問い合わせをいただきました。

そんな訳ねーだろ。いい加減にしろ。ありがとうございました。って感じですがきちんと説明しておきます。

 

昨日はあれですよ。街コンとはまた別形式のものを経験すべく婚活パーティのようなやつに参加してきたんです。ホテルはその会場です。

 

だいぶ街コンとは雰囲気は違いましたよ。会の流れと結果をご報告します。

 

まず受付をしてプロフィールカードを書きます。

そのあと参加者全員が一部屋に集められました。今から限定ジャンケンでも始めるのかといった雰囲気。

そして部屋の壁伝いに並べられた椅子に座らせられ…

 

司会「これから貴様らには隣に座っている異性と『自己紹介』をしてもらう。制限時間は1分。時間が経過したら男は席を移動し次の席に座っている女と自己紹介を始めろ。この流れで座席を一周してもらう。いいな?」

 

話を聞いた直後の僕

(1分だと…?どう考えても時間不足…‼︎ 俺程度のコミュ力では到底太刀打ちできない…‼︎)

 

自己紹介タイム中盤の僕

(嘘だろ…悪夢だ…この会場…男が三人溢れてやがる…‼︎ 現に俺は今一回休み…‼︎ 落ち着くんだ俺…状況をよく整理するんだ…)

 

自己紹介タイム終盤の僕

(印象に残った人をカードに書き司会に渡せばいいのか…正直1分じゃそんな変わらない…大抵はルックス順だ…おそらく俺は書いてもらえない…ここから挽回するしかない‼︎)

 

司会者「ククク…さあ皆さん一通り自己紹介もし終えたところでお待ちかね…フリータイムだ!」

f:id:hgwrujie:20170521132520j:image

司会者「男どもは気に入った女の隣を陣取り話しかけろ!時間は5分!チャンスは三回だ!」

f:id:hgwrujie:20170521132536j:image

司会者「それでは…はじめ!」

僕(これは死んだわ)

 

こうして始まる…‼︎ 15人の男による12席の争奪戦…‼︎

そして溢れる…‼︎ 第2回目のフリータイム…‼︎

一人飲み干す…‼︎ 部屋の中央に用意されたドリンクという名のただの水…‼︎

 

司会者「ご苦労…ではこれよりカップリングを行う。この紙に第五希望まで記入し提出するように。」

漢溶岩、唯一まともに話せた子を第一希望に書きあとはルックス順で記入。

 

司会者「結果発表だ。」

僕(帰りてぇ)

 

6組成立とのこと。意外と多いな。当然の如くおれは不成立。他の結果は僕がルックス2トップだと思った子は成立してたな。あと第一希望に出してた子は成立してなかったかな。あとは知らん。

 

そして負け組の僕は終了後即誰と話すこともなく会場をあとにするのであった。

 

【感想】

このイベントを勝ち抜くのは現状の僕では明らかにレベル不足。あれだけの時間で異性にアピールするのは相当なイケメンかコミュ力お化けじゃないと厳しいのに当方コミュ障の顔面歪み溶岩お化けときたら見向きもされんわ。

 

「まず外見磨け」という師匠からの金言を一層胸に刻んでやっていきます。

 

 f:id:hgwrujie:20170521141604j:image

このあとババア先輩(30)を中心とした職場仲良し組と夜中のファミレスで今年のロッキンどうするかって話しながら甘いもの食べたので今回は引き分け!異論は認めない。それでは。